WORKS

夢見る人形と星屑の旅を

【STAFF】
原作・脚本・監督:芳井勇気
構成:眞壁智仁 撮影監督:加藤哲宏 助監督:庄司樹
音楽:アベタカヒロ

【CAST】
中谷理菜  庄田拓矢

2010年製作(30分22秒)


足の不自由な11歳の少女、灯里。
灯里は他の子供たちと一緒に遊ぶ事ができず寂しさを感じていた。
いつものように、灯里が一人で遊んでいると不思議な少年、宙と出会う。

宙の魔法によって、歩けるようになった灯里。
しかし、二人が過ごす魔法の時間は宙と手をつなぐ夜の間だけ。
それでも灯里はだんだんと笑顔を取り戻し、宙との友情を育んでいく。
そんなある日、宙を追いかける謎の男たちが、灯里と宙のもとへやってきて・・・。


【実績】
2010年に夢を信じる力をテーマとした第2回作品「夢見る人形と星屑の旅を」が完成。本作品は第5回札幌国際短編映画祭にノミネートされ、1プログラムの観客数として記録的な350人を動員しました。同年、富山水辺の映像祭にて本作品が上映。2011年にはいわきぼうけん映画祭にて上映。また、岩井俊二セレクションショートフィルムとしてネスカフェウェブサイト内Cafe NESCAFE WEBムービーに本作品が選出。同年9月に行われた第16回長岡アジア映画祭では審査員特別賞を受賞しました。